骨折など怪我の効果的な治し方 3つの方法

健康

「骨折など怪我の効果的な治し方がわからない。早く治したい。完治させたい」

そんなお悩みありませんか?

骨折したら痛いし、動かしにくいし、私も焦り、早く治したくて、そういう気持ちでした。

これら3つの方法を継続することで骨折を効果的に治すことができました。

効果的な治し方 3つの方法

骨折の手術後

①炎症や痛みがある場合は冷やし、リハビリを行う

②睡眠時間をしっかり取る

③骨折の回復を促す3つの栄養素を摂る

カルシウム骨や歯の材料になる小魚、桜エビ、海藻など
ビタミンD腸でカルシウムの吸収を高めるいわしの丸干し、白きくらげなど
ビタミンK2カルシウムの骨への沈着を助ける納豆など

骨折手術の数か月経過後~抜釘手術

①整形外科のリハビリに通う

整形外科のリハビリに通い、可動域の改善や日常生活ができ、社会復帰できるよう、リハビリ計画に沿って、継続する。

②自宅で自主的にリハビリを行う

リハビリの担当者の指導どおりにしっかり継続する。

③日常生活で意識的に動かすようにする

痛いからといって動かさないと余計に良くないので、部位を温めた後、無理のない程度に動かすようにする。

まとめ

以上の3つの方法を、あきらめずにしっかり継続してやれば、徐々に動きが良くなり、元通りに近い状態になります。

利き腕の手首を骨折した私は、骨折手術後、抜釘手術を受け、元の自分の手首にほぼ戻りました。

骨折を受傷した時の様子などをメルマガで発信しています。健康を最優先にした生活にシフトする選択をしました。健康や気づきにつながる知識を得ることが出来ますので、無料のメルマガを読みたいなという方はお気軽に、以下の登録フォームにメールアドレスを入力後、確認ボタンを押してみてくださいね。