タオ療法の経験談:腰の痛みが徐々に和らぐ喜びと確かな実感に感動

健康

昨年末に整形外科から腰部脊柱管狭窄症という病名を診断され、長年勤めた会社を退職し、身体を第一優先にした生活に変えました。

腰痛を治して、心から安心した生活を願っています。

幸いなことに、約3週間前、知人からこういう治療があるよと進められて、治したい一心で通い始めました。

現在、週一回の頻度で通っていて、先日、タオ療法の3回目を受けてきました。

施療してくださっている方がおっしゃる通り、本当に薄皮をはぐように、しかし、着実に良くなってきている効果を実感しています。

初日の様子はこちらに記事を書いてます

腰部脊柱管狭窄症の症状

3週間前の状態は、腰と背中、右側のお尻と太ももに痛みがありました。

1時間程度、何もせず椅子に座っているだけなのに、腰とお尻と股関節周りに痛みが出始め、違和感で落ち着かず座っていられない状態でした。

腰をかがめようとすると背中、腰、右のお尻が痛く、背中を曲げることができなくて、顔を洗うだけでも一苦労でした。

更に、床にあるものを取ろうとするときは背中を丸めようとすると痛みが走る為、膝を曲げて、腰を下ろして取るしかなかったです。

タオ療法を受けて効果の実感

1回目の施術の時は、かなり痛い状態だったので、施術の最中でも指圧で痛みが出るのではと不安が少しありました。

施術後、数日間は、好転反応が出て、身体がだるい感じや、一時的に痛みや眠気もありました。

2回目の時は、一度体感してどのように施術をするのか先がわかるので安心感があり、更に指圧がツボに全てヒットする為、とても気持ちよく体感としても確かに効果があると実感しています。確かに腰が軽くなり、痛みも軽減し、楽になってきています。

好転反応も前回よりはひどくなく、良くなっている感じが実感できました。

3回目は、更に腰が軽くなり、タオ療法を受けてからの経過もよく、徐々に痛みが和らいでいく実感がはっきりとわかるようになりました。当初の背中の痛みも今はありません。

腰とお尻の痛みと違和感は少し残っていますが、日常生活で無理をしなければ、痛みを感じなくなるほど落ち着いてきています。

継続への意志

こうして実感を得られたので、しばらくタオ療法を続けていきたいと思っています。

回数券は4回分1セットなので、次回行く時また回数券を追加して購入したいと思います。

市役所に申請をしましたので、助成金も出ることで金銭面でも安心感があります。

腰部脊柱管狭窄症になって、教訓として、痛みが出てから改めて健康に気づくのではなく、日ごろから身体をいたわってあげていくことが必要と感じました。

内臓もそうですが、身体は日頃、沈黙しています。しかし、とても頑張ってくれています。痛みという悲鳴が出てから気づくのでは、回復に時間も費用もかかります。

今、健康で痛みや異常がなくても、24時間頑張ってくれている身体をいたわってあげてくださいね。もちろん心も同じです。日頃の姿勢や習慣になっていることが、疲れやひずみを生んだりして身体に疲れがたまっていきます。

本当に健康は財産だと思います。健康への意識を高めて、継続して施療を受けて病を克服していきたいと思っています。

施術者の方がおっしゃっていましたが、タオ療法は、腰痛などの身体の不調だけではなく、心の病にも効果があると言っておられました。全身の深部に働きかけ、邪気を排出するタオ療法。無限の可能性を感じられました。

タオ療法を受けて得られたことは計り知れません。感謝でいっぱいです。回を重ねるごとに、治る気持ちが高まっています。

将来、健康を気にすることなく、はつらつとした人生が希望の光となって見えています。

最後までお読みいただきありがとうございます。

悩みや痛みを抱えていて、一向に治らず困っている方は、一度、タオ療法をお尋ねになると良いかもしれません。参考に以下に関連サイトを載せておきます。

私は難病や手首骨折、過度なストレスを経験し、更に腰の病気になりましたが、その結果、感謝する生活、健康を最優先にした生活にシフトしたことによって回復し復活を遂げました。

そういった健康を高める生き方暮らし方の無料メルマガ講座を発信しています。気になる方はお気軽に、以下の登録フォームにメールアドレスを入力後、確認ボタンを押してお申し込みくださいね。