職場を良くするアサーティブコミュニケーション!

仕組み

アサーティブコミュニケーションとは?

最近聞くようになってきた「アサーティブコミュニケーション」。どんな意味なのでしょうか?

アサーティブコミュニケーションとは、自分と相手を尊重しながらお互いの意見や気持ちを伝え合うコミュニケーション方法です。

それ以外のコミュニケーションとしては、2つ。

アグレッシブ(攻撃的)コミュニケーション:自分が正しいと思う気持ちが強すぎて、自分の意見を一方的に押し通す為、トラブルになりやすい。

ノンアサーティブ(非主張型)コミュニケーション:自己主張がうまくできずに相手に意見を伝えられない為、ストレスが溜まりやすい。

ということなのだそうです。

これはとても大事ですね。心理的安全性や、アンガーマネジメントに関連するキーワードですね。

私はどうかと考えてみると、ノンアサーティブの状態になっているのだとわかりました。上司に対して自分の意見をうまく主張できないまま、仕事をしている状態。これでは健全ではないですね。

一方、自己主張が強すぎ、威圧的な同僚もいるのです。こりゃ~ストレスフルな職場環境な訳だと思いました。

アサーティブコミュニケーションの話し方の例は?

主語を「私」にして話してみると良いそうです。

職場の誰かが困っている。心配している。ではなくて、「私」が困っている。心配しているからこうしてくれませんか?と言ってみる。

自分が言われた時、どう思うかを考えながら、柔らかく伝えることが大事。相手への思いやる言葉が伝わるようにする良いんだなと思いました。

対等な立場なんだ。少しずつ、自分の思っていることを相手に伝えるようにすれば良いんだって思いました。我慢することは無いですね。無い感情のコントロールができれば、生き方が楽になりますね。

以前の私は、自分の意見をうまく伝えられずに悶々とする日々を過ごしていました。そして、仕事を優先し、風邪を放置し悪化した結果、難病になってしまいました。

しかし、適切な検査や治療をすることで回復できました。様々な健康法をした結果、健康を取り戻せた方法をメルマガで発信中です。

もちろん無料です。以下の登録フォームにメールアドレスを入力し、確認ボタンを押すだけで、メルマガが届きます。お気軽にポチッとしてみてくださいね。