身体に優しい食品とは?

健康

身体に優しい食品の代表的なものをご紹介したいと思います。

病気になりにくい身体づくりは毎日の食事からですものね。

私は、やっぱり和食が一番好きです!

白く精製していない食品

玄米や五穀米、ソバや全粒粉パスタなど、白く精製されていない穀物は、低GI食品なのでおすすめです。

GIというのは、Glycemic Index[グリセミック・インデックス]の略で、食後の血糖値の上昇度をあらわす指標なのです。

一言でいうと、GIが低いと血糖値が上がりにくく脂肪をため込みにくいといわれています。ですから糖尿病治療に良いとされたり、ダイエットにも良いとされていますよー。

健康に近づいたり、ダイエットにもつながるのはとっても魅力的ですね。

発酵食品

味噌や納豆、漬け物やキムチなどの発酵食品には、善玉菌を増やす乳酸菌が豊富に含まれているそうです。腸を整えることにより、健康的な身体に近づきますので、毎日摂ることが良さそうですね。

私、以前は納豆って納豆臭いのが苦手であまり食べなかったのですが、その頃は出来合いのものばかり食べていて味覚がおかしかったのかもしれませんね。今は大好きです!

腸活に良いですねー!!

水溶性食物繊維を含む海藻類

昆布やワカメ、ひじきなどは水溶性の食物繊維は、有用菌となる善玉菌を増殖し活性化して、腸内環境を整える働きがあります。

乾物類は、栄養もぎゅっと閉じ込められていてうまみがありますよね。ひじきの煮物は、以前から好きでした。

食物繊維、これも腸活ですね!!出すこと大事ですね❣️